海の安全を守る【石狩ウォーターパトロール】 ライフセービング活動の普及 安全指導・講習・イベント等の活動紹介 メンバー紹介・募集 
1%でも助かる可能性があるならば、我々は全力で助けに行く。
ただし、我々は100%無事に帰ってくる自信と勇気を持たなくてはならない。
それが石狩ライフガードだ。


●海水浴場又はプールでの監視・安全管理・指導

●海水浴場でのイベント企画・運営

●ライフセービング資格講習会の企画・運営

●ライフセービング競技大会の企画・運営

●Jrライフセイバーの育成・指導

2015.4.26 海育 1DAYプログラム 
2015/8/23(日)開催

詳しくはこちらをご覧ください。
2015.4.26 活動を応援してくれるスポンサーが新しく増えました!
・学校法人産業技術学園
・北海道ハイテクノロジー専門学校
・北海道メディカル・スポーツ専門学校
・北海道エコ・動物自然専門学校
  北海道ハイテクノロジー専門学校
ライフセービングクラブ設立

人命救助・水辺の事故防止・安全管理・ビーチフラッグス等など、どちらかというと海やプールでの救助活動や、ビーチフラッグスのようなライフセービング競技をはじめ、それに携わる筋肉隆々の若者をイメージされる方々が多いのではないのでしょうか?

ライフセービングとは最も大切な一言で表すならば、「事故を生まない環境を創造する活動」なのです。
決して水辺だけに限定されるものでもなく、事故が起きてから対処する救助活動のみに留まらず、筋肉隆々の若者だけが行える活動でもないのです。

ライフセービングとは「事故を生まない環境を創造する活動」です。




2000 年から始まった北海道石狩でのライフセービング活動も今年で 15年目を迎えます。
活動当初から参加しているライフセーバーたちは、それぞれ生活環境が変わり「海」「ライフセービング」との関わり方に昔との変化はありますが、「志」は決して変わりません。
また、強い「志」を持った新しいライフセーバーが今も増え続けていることで、石狩ウォーターパトロールはさらなる高みを目指し現在も進化しています。

今も昔もやることは1つだけ。
子どもたちの笑顔がたくさんあふれる「安全で楽しい海」を創ること。
そして、「今の自分にできることを今やること」 この積み重ねが少しずつ歴史になり、世代を超えて強い伝統になります 。

さあ、今年も新しい夏がやってきます。
みんなで熱い素晴らしい夏にしましょう!

石狩ウォーターパトロール 代表  坂口 智則






IWP 2014 movie

←石狩ウォーターパトロールのライフセーバーで結成した、
男性フラダンス